自律神経失調症を上司に相談するべきか

上司に相談するメリット・デメリット

この段階から先に進むのは勇気がいると思います。
会社での自分のポジション、仕事に支障をきたしてしまう、同僚に迷惑がかかる、といったことをまず考えてしまうからです。

 

 

ですが上司はあなたが思っているより、広い目で考えてくれる可能性もありますし、
すでに心身にかなりの不調をきたしている状態で自分でなんとかいい手を探しだそうというのも無理な話です。(ただ上司が原因の場合、あるいは上司が全く信頼できない場合、相談するほうが逆に無理だと思いますが。)

 

 

いずれにせよ、相談する・しない 休職する・しない といった選択に正解はないと思いますし、後になっても正解だったかわからない場合も多いと思います。

 

 

 

 

上司に打ち明けるか悩んでいる方の参考になるかもしれませんので、私自身の場合のことを書いておこうと思います。

 

まず最初に上司に病気と身体の不調の話を切り出すときはかなり勇気がいりました。
現場でそれなりにスタッフをまとめている立場で責任もありましたし、上司も私とは正反対の典型的な体育会系でした。
こんな相談をしたら、甘ったれてるんじゃねぇ!と言われるんじゃないかと思えてなかなか切り出せませんでした。

 

それでも、話をしてみると意外と思えるほど気にかけてくれ、
「○○の身体のことは○○にしかわからないからな」と言ってくれました。
夜勤をなくしてくれるなど、特別な考慮もしてもらえました。

 

私の場合結局その後しばらくして休職→退職という決定をしましたが、この段階のおかげで少しだけ働ける期間が延びましたし、納得して治療に入ることもできました。

 

ただ、良かったことばかりでもなく、私だけ特別扱いされているということに不満をもつ同僚もいたようです。直接言われたこともあります。

 

ちょっとリアルな話になってしまいますが、仕事上の責任を軽くしてもらう・休職するということは安易にはすすめられません。やはりそのことで相当気を遣いますし、会社や同僚など他の面でもそれまで通りとはいかないこともあると思います。

 

それでも結果的には相談し、手を打ってもらって良かったと感じています。私自身その頃はほんとうに限界でしたし、そのまま続けることは無理だったと思います。

 

 

 

 

 

自分自身の件が少し長くなりましたので、話を元に戻しますが、

 

メンタルの病気が増え、それに関する講習や資格なども増えている時代ですので、上司が意外に理解を示してくれる可能性も低くないと思います。

 

また、具体的に手を打ってもらうと、逆に同僚たちへの気も余計に使わなければならないかもしれないので、上司に知っておいてもらうという形も良いのかもしれません。
難しい案件を回さないといった同僚にはあまり気づかれない形で配慮してくれる可能性もあるかもしれません。


トップ 自律神経とは 原因と発症 治療方法 休職・退職・失業保険