自律神経失調症の治療には東洋医学と西洋医学のどちらがいいのか?

東洋医学か?西洋医学か?

どちらがいいのかということはこの病気に限らず、よく問われることだと思います。

 

あるケースを取り上げて、こちらの方がよい!というような結論を出したり、安易に人におすすめすることもできませんが、

 

一応この二つのアプローチについて特徴を押さえておくことは、自分がやっている治療を理解し、その結果治療に前向きに取り組んでいく上で大切なことかと思います。
また、これらは相反するものではありませんので、それぞれの良い面を組み合わせて治療に取り組むこともできるかもしれません。

 

 

まずそれぞれの特徴を大まかに分けると、

 

  西洋医学 東洋医学
診断で注目するところ 臓器・病気 その人全体
治療の考え方 その症状を抑える・治す 体質を根本から見直す
学問として重視する点 データ・共通性 個人差・現象
薬の役割 薬に人体の役割の代わりをさせる 薬で人体が本来の働きを取り戻すように働きかける

 

※クスリ反対から読むとリスクになる、とはうまく言ったものだと思いますが、患者としては副作用について考慮に入れておくのは必要なことだと思います。一般に西洋医学の薬には副作用が伴います。

 

 

 

歴史的・原理的な面から見ると、自律神経の調子を治すというのは東洋医学の方が得意分野とは言えるかもしれません。

 

西洋医学は原因や症状がハッキリわかっているものは得意です。外科的な例だと、メスを入れて悪い部分を取り除く!ということですね。ところが自律神経失調症は「最近、なんとなく調子がでない……」「……そういえば以前よりも……」というようにわかりにくい症状が非常に多いわけです。

 

 

私自身の場合は、どっちの考え方も大事だなと、治った今思います。

 

西洋医学→東洋医学

 

という流れで良くなったと思うからです。まあ、実際には漢方薬も使ってないですし、こういう分け方で正しいのかわかりませんが……

 

 

症状が重くて何にもできない→心療内科でもらった西洋医学的なクスリを飲む
だんだん良くなってきた気がするが元にはまだ戻っていない→毎日少しずつ運動など東洋医学的に体の調子を整える
という感じだったので。

 

 

東西の医学は正反対といえばそうとも言えるのですが、突き詰めれば目的は一緒ですし、良い面を取り入れて組み合わせるのはいいのかな、と。
コンビでも目的は一緒で表現の仕方が違う組み合わせが最強とか言いますし。

 

いずれにしても、治療は順調にいくことの方が少ないと思いますし、
本人はもちろん家族やサポートする方も、いろんな治療法があるということは頭に置いておくのは大切なことかもしれません。


トップ 自律神経とは 原因と発症 治療方法 休職・退職・失業保険