自律神経失調症の治療期間と完治について

治療期間はどれくらい?完治するの?

もし、足を折って手術をしたら外科の先生に「全治○週間」と言われ、
多少の前後はあっても完治の時期は大幅にずれませんが、

 

自律神経失調症の場合、これは人それぞれとしか言いようがありません。
あえて言えば、「何か月〜何年」という言い方になるかと思います。

 

 

というか、治るという言い方自体正しいのかわからないといった感じです。まして完治という言葉は使えません。

 

 

私個人としては薬の服用が徐々に減って、「まったく飲まなくて良くなった時〜その後何回か念のため通院して話をした時」くらいを治った時と自分の中で呼んでますが……

 

でも一番気になりますよね。自分はいったいどのくらいでよくなるんだろう。元に戻るんだろうって。

 

私も、最初先生にどれくらいで治るか聞きました。
どうしても「だいたい○か月」とか数字がほしかったので。
もちろんそうは言ってもらえませんでしたが。

 

う〜ん、たいていの病気は、治る時期が見えているからがんばれるものですし、それがハッキリしないのが自律神経失調症のたいへんなところかなと感じています。

 

 

でも逆にいえば、まず治らないということはありません。じっくり良くしていこうという姿勢が大切です。

 

そして「何ヶ月〜何年」ということは、もっとも早くても「何ヶ月」かはかかるということです。平均的にはもう少しです。

 

 

 

 

最初は治療も気持ち的に焦ってしまうと思います。私もそうでした。仕事のこともあり、早く何とかしなくてはと焦りました。

 

じっくり取り組むという姿勢が必要なんだということを理解するのに時間がかかりました。

 

いろいろな事情もあり、休職〜退職という形で長期戦になりましたが、薬の服用した期間は約2年半でした。(途中で勝手に薬やめました。それで悪化して長引きました。なのでこれだけはよい子は絶対にまねしちゃダメです。)

また、私の場合最初処方された薬を飲むだけであとは寝たり起きたりの生活だったので、もうちょっと努力できた部分もあったのかなとは思っています。

 

薬の服用以外に睡眠の時間帯をしっかり決めたり、運動するなど意識するようにしてから、よくなってきたと感じられるようになったので。

 

 

症状の重さや体質以外でもそういった生活習慣などで治る期間、よくなる期間というのは変わってくるのだと思います。私の場合夜勤も多く、たぶんそれがそもそもの原因の一つでしたので。

 

 

いずれにせよ、じっくり+できることに積極的に取り組むことがきっと一番大切です。


トップ 自律神経とは 原因と発症 治療方法 休職・退職・失業保険